トップ >  不安障害について > 不安障害の種類と症状-あなたの不安障害のタイプが分かる・・

不安障害の種類と症状-あなたの不安障害のタイプが分かる・・

不安障害」とはいったいどのような病気
なのでしょうか。

不安障害とは、本来はそれほど不安に感じる
必要がない状況下で必要以上に不安を感じ、
日常生活に支障を来たしてしまう精神病疾患
の総称です。

症状が出る時間は人によってまちまちですが
間を空けて度々、または長い間継続して
症状が続く場合もあります。

少し前でいう「ノイローゼ」や「神経症」
のことで、不安障害は大きくわけると

・社会不安障害
・全般性不安障害
・強迫性障害
・急性ストレス障害
・外傷後ストレス障害(PTSD)
・パニック障害

に分けられます。

社会不安障害」は、日常生活に障害がでるほどの
極度のあがり症で以前は対人恐怖症と呼ばれていました。

「全般性不安障害」は、全てのことにおいてわけもなく
不安を感じる状態が継続し、日常生活を送るのが困難になります。

ちなみアメリカでは20人に1人がかかるほど一般的な病気で
特に女性がかかりやすいと言われていて、まれに十代で発症することも
あるそうです。


1)「強迫性障害」とは?

強迫性障害は、ガスの元栓をきちんとしめたかどうか
急に不安になり確認のために家に帰ってしまうようなことが
頻繁におこるなどの症状です。

不安に思うといてもたってもいられなくなり
また不快に感じ(強迫観念)になりその気持ちをどうにかしようと
何かせずにはいられない(強迫行為)というのが大きな特徴となっています。

綺麗な手なのに、自分には汚いように感じられ
何度も手を洗わないと気がすまず、手がボロボロになっても
洗うことをやめないなど、本人以外には理解できない行動が
見られます。


2)「急性ストレス障害」とは?

急性ストレス障害は、トラウマに残るような出来事が原因となり
数時間~数日の間にフラッシュバックが起きたり
眠れなくなり1ヶ月以内に治まる症状のことをいいます。

1ヶ月以上たっても症状が改善されない場合は
「外傷後ストレス障害(PTSD)」ということになります。

外傷後ストレス障害は半年以上経過してから
急に発症する場合もあります。


3)「パニック障害」とは?

パニック障害は、急にパニック発作と呼ばれる発作がおき
一度発作が出てしまうと、また症状がでるんじゃないかと
毎日が不安になり日常生活に支障をきたしてしまう

病気のことをいいます。

この記事のカテゴリーは「 不安障害について」です。
不安障害という病気についてまとめています
関連記事

不安障害の種類と症状-あなたの不安障害のタイプが分かる・・

「不安障害」とはいったいどのような病気 なのでしょうか。 不安障害とは、本来はそ...

更新履歴

この記事のカテゴリーは「 広場恐怖症の特徴や対策・薬について」です。2010年02月03日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 不安障害について」です。2009年11月28日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 うつ病について」です。2009年08月07日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「 うつ病について」です。2009年08月06日に更新しました。

カテゴリー
サイト内検索